https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

至宝の尾瀬

久しぶりに夏の尾瀬でした。最近は晩秋の静かな雰囲気が好きでしたが、ワタスゲやニッコウキスゲの群落もすごかったし、落ち着いた夏の尾瀬でした。百名山で燧ヶ岳と至仏山だけ登って終わりじゃもったいないすぎる!

*山も川も森も池も湿原もある尾瀬
*残雪もミズバショウも花盛りも紅葉も素晴らしい尾瀬
*ハイキングからハードな歩きまでルートは初心者から健脚まで自由自在に楽しめる尾瀬
*山小屋滞在が素晴らしい尾瀬
*朝晩はもちろん、星空や雨の日も楽しい尾瀬

やっぱりいいわぁ。と、改めて思いました。写真撮る人にも最適。何度も、いろんな季節を訪ねたい至宝の土地だな!image

花の富良野岳

富良野岳山頂!お花もすごい。やっぱり雄大だぁ!!image
image

山での雨対策

先日は雨の燕岳でしたが、ずっと展望がない中で、晴れ間や山並みが見えたりするのは晴れの日では味わえない嬉しさがありますよね。せっかく雨でしたので、防水対策や気をつけることを整理してみました。ほかにもあれば、ご意見くださいね〜!

○もっとも気をつけることは
何よりも濡れて体温を奪われないことが大切で、特に風が強い時は一気に冷える。だから樹林帯から稜線や森林限界に出るときに濡れていたら、着替えたり防寒着を雨具の下に着込んだりすることが肝要。

○雨具や登山靴には防水スプレー
○道が安定してる登山道や山慣れした人は傘も有効で、風除けにもなる。ビショ濡れを避けるためにも傘は大切。ビバークときにも役に立つ。
○ゲーターやスパッツは雨具の下に
○リストバンドは袖口がビショビショになるのを防ぐ
○雨具を着たときの熱中症対策のためにも、ファスナーの開け閉めやフードを被ったり脱いだりをこまめにする
○雨でも汗はかくので水分補給を忘れずに。
○当然、乾きの早いシャツを着る。気温が低い時は濡れても保温性あるウールやフリース系。間違ってもダウンは着ない!
○ツバのある帽子がよい。image

山歩日和 西表島のサガリバナ

今月の山歩日和は西表島のサガリバナ。今、本土は梅雨真っ盛りですが、一足早く梅雨明けした沖縄や八重山諸島は今が一番美しく、爽やかでカラッと暑い季節。近年の夏は本州の方が暑いもんね。
山の日々が続く季節はことさら沖縄の海に行きたくなるなぁ。
西表島のサガリバナは私がオススメする日本の訪ねるべき(笑)ベスト5に入ります!(「・・・〇〇すべき」という他人への表現は私の嫌いな表現の一つだけど)image

image

日本百名山のバッジ 販売中!

ひそかなサービスで続けている、日本百名山のバッジ販売。
私たちガイドが、現地に行って、登って買ってきています。買い忘れた、買えなかったという方に喜ばれています。ほぼ百名山が揃っています!こちらで購入可能です!!
http://www.kamizuru-guide.com/shop
FullSizeRender-4


利尻岳/羅臼岳/斜里岳/阿寒岳/大雪山/十勝岳/トムラウシ/幌尻岳/後方羊蹄山/岩木山/八甲田山/八幡平/岩手山/早池峰/蔵王山/安達太良山/会津駒ヶ岳/那須岳/男体山/皇海山/鳥海山/月山/朝日岳/飯豊山/吾妻山/磐梯山/筑波山/魚沼駒ヶ岳/平ヶ岳/巻機山/苗場山/谷川岳/奥白根山/武尊山/赤城山/両神山/燧ヶ岳/至仏山/浅間山/四阿山/草津白根山/高妻山/妙高山/火打山/薬師岳/黒部五郎岳/白馬岳/五竜岳/鹿島槍ヶ岳/剱岳/立山/黒岳/鷲羽岳/常念岳/雨飾山/槍ヶ岳/笠ヶ岳/穂高岳/焼岳/乗鞍岳/御嶽/美ヶ原/霧ヶ峰/蓼科山/八ヶ岳/甲武信岳/大菩薩岳/雲取山/金峰山/瑞牆山/木曽駒ヶ岳/空木岳/恵那山/塩見岳/聖岳/光岳/北岳/間ノ岳/鳳凰山/甲斐駒ヶ岳/仙丈ヶ岳/丹沢山/富士山/天城山/悪沢岳/赤石岳//白山/荒島岳/伊吹山/大台ヶ原山/大峰山/大山/剣山/石鎚山/九重山/祖母山/阿蘇山/霧島山/開聞岳/宮ノ浦岳

雨の燕岳

土砂降りの中、燕山荘着!今日みたいな天気の日は、山小屋はありがたいなぁ!!19553965_1439206479494472_2649058273271567206_n
19554667_1439206482827805_67725414331715396_n
19657110_1439206492827804_1730791205974770959_n

本格的に暑い季節。最近は足がつる人、暑すぎて体調を壊す人が多いですよね。一般的には水をこまめにとか、日陰で休むとか、帽子をかぶるとかありますが、それも大切だけど、この時期、山に入る前の準備、心構えが足りないんじゃないかなぁ、とおもいます。
《日常から》
・水分を飲んで、吸収してくれる体を作っておく(山だからと、急に水を飲んでも体は慣れていないので、上手に吸収できず、むくんだりするような気がする。足が攣る人は普段から水を飲まない人が多い!
・塩分控えめの食事は控えて、特に山に行く数日前から、塩分多め濃い目の食事をする!
《登山前日から登山まで》
・夏はただでさえ、脱水気味。寝る前に水を飲む。私は登山日、登山口に行くまでに500mmは飲むようにしている。(これで担ぐ荷物も減らせる)
・特に登山ツアーなどバスで来る時は、バスだからトイレに行きたくなるのが嫌だと水を飲まない。そして長いバスで体が固まったまますぐ歩き出す。そりゃ脱水になるし、足も攣るはず。
登山は登り出す前から勝負が決まっているとも言えるよね!

日本三百名山  完登への道!!その1

カテゴリ:
日本三百名山を登っています。日本百名山はもちろん、二百名山も登り、三百名山すべてを登ることをめざします。日本百名山は深田久弥さん。日本二百名山は深田クラブが選定。日本三百名山は日本山岳会が選定しています。日本の名峰がずらりとならんだ山々のリストです。

スタンプラリーのように一つ一つ登っていくのですが、300を登るにはなかなか大変な労力が必要です。日本百名山だけでも大変。登り方はさまざま、生涯かけてのぼるのもよし、ツアーに参加してのぼるのもよし、一気に数年でのぼるのもよし、田中陽希さんのように人力だけで行くのもよし(というか、真似はできないすごいことですが)さまざまな楽しみ方があり、最年少記録や最短記録もあります。19247790_1427213530693767_1224197308280796287_n
↑なかなか大変な山のひとつ毛勝山

私は2002年に日本百名山をすべて登りました。ガイドという仕事柄、同じ山に何度ものぼるので、日本百名山は平均すると五巡くらいしているかもしれません。プライべートでも山を登ります。ということで、数えてみると、三百名山のうち、250を登っていました。そうなると、気になりだして、気になりつづけるのも嫌なので、一気に登ろうと思いました。意識して登り、かたずける気がないと登り終えることはできない。すっきりしようということです。それで今日は岐阜の三百名山でもある川上岳を登り269座目となりました。残るは31座。
期限を設けて、目的意識を持って登ろうということで、来年の夏には登り終えようと思っています。

残る山は二百名山ではペテガリ岳、姫神山、和賀岳、佐武流山、会津朝日岳、妙義山、和名倉山、毛無山、赤牛岳、霞沢岳、池口岳、小秀山、能郷白山の13座。三百名山では神威岳、大千軒岳、五葉山、男鹿岳、荒海山、七ガ岳、景鶴山、高原山、袈裟丸山、谷川朝日岳、アサヨ峰、黒法師岳、焼山、鍬崎山、鉢盛山、奥三界岳、大笠山、経ヶ岳、傾山の19座。

この中には _討靴行けないアルプスや北海道 ∋沈禊しか登れない山などがあります。
最難関といわれる、笊ヶ岳やカムイエクウチカウシ山は昨年と今年で登っています。今年の夏に「_討靴行けないアルプスや北海道」を登りきり、△了沈禊の山を四月五月に登ったら、すべて完登!としたいなと考えてはいるものの、登山口まで長い林道を通る北海道の山はやっかいで、林道が閉鎖されれば、なかなか登ることが難しい。そんなことで北海道で今年登れないのは石狩岳、ニペソツ山、カムイエクウチカウシ山、神威岳、ペテガリ山。私は神威岳とペテガリ山は登っていないので、これが今年の夏、登れなければ来年の夏まで持ち越しということになります。つづく。。。

残雪のブナの森

雪解けを待つブナの尾根。下界では新緑も始まり雪はないのに、山上にはまだ何メートルもの雪が残って、まだ冬の装い。根明けがどんどん大きく広がり雪は溶けていく。アルプスもそうだけど、この大量の雪が夏には溶けてなくなるのが不思議なくらい。溶けて大地に染み込んで平地に水や栄養を恵んでくれる。毎年のことだけど、すごいことだ!!日本が豊かな国といわれる所以だね!!image

image

このページのトップヘ

見出し画像
×