https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

八ヶ岳と南アルプスを展望「南アルプス・中央沿線・富士山展望 登山ガイド」

カテゴリ:
野辺山の近くに平沢峠という場所がある。正面に八ヶ岳連峰、左手には南アルプスの山々。朝日の時には朝焼けの峰々が見られ、夕刻には美しい夕日が望める場所。飯盛山の登山口でもあります。車で見られる山好きポイントです。ちなみに飯盛山もハイキングにおすすめの山です!IMGP2271
IMGP2264
IMGP2266
IMGP2276-3

印旛沼の夕日「美しい日本の風景」

カテゴリ:
日本には多くの湖沼があります。そのなかでも茨城や千葉にある霞ヶ浦や印旛沼はいわゆる自然の美しい湖とは違い、人々の暮らしや生業と密接につながった湖沼です。野鳥や水鳥の憩いの場でもあります。そこは日本の原風景的な人と自然のかかわりを見ることができます。
IMGP5759
IMGP5745

東京と山里集落

カテゴリ:
今日は半日で新宿から品川、銀座、池袋。車(日産のスーパーカー)も、ビルも、カメラの進化もアップルストアも、凄いことになってるなぁ。人間の本質は変わらないだれうけど、時代の変化や進化が垣間見れて、面白い時代だ。
一方、三枚目四枚目の写真は私の集落の昭和40年の写真。ほぼ変わってないというか、今の方がスカスカで寂れてきている。ウチも写ってるのだけど、全く変わってない。桜並木も変わらないけど、木が太くなり、桜の花は老年にさしかかってる気がする。対比すると面白いわぁ。スクリーンショット 2019-01-09 22.43.46

「希望の猫」写真展のご案内!

カテゴリ:
友人で映画のカメラマンの御木さんの写真展が東京池袋のサンシャインで開催されます。オープニングの1/25(金)19:00〜は僕もお邪魔するつもりです。
東京に行ってもなかなか会えない方が多いので、この機会にぜひ池袋で会えるといいな〜と思ってます!猫写真好きな方々もぜひぜひ!!素敵なカフェです!!スクリーンショット 2019-01-08 22.45.49

東京写真展巡り

カテゴリ:
今日は半日で怒涛の写真展めぐり決行。まずは目的の池袋サンシャイン、グローカルカフェでの鹿野貴司さんの「しましま」流石の名場面がたくさんの島写真でした。14日まで開催です!のんびりカフェできるステキな店です。イベントページは↓
そして錚々たる水越武さん、石橋睦美さん、野町和嘉さんの写真。この面々の写真が一気に見られるって、凄いタイミング。流石トウキョウ!
ソニーのギャラリーではtakashiさんの富士山。素晴らしいタイミングを捉えた美しい富士山でした。
年始にたくさんの刺激をいただきました!2019は写真活動も頑張るぞ!スクリーンショット 2019-01-09 22.48.47

二つの愛知の離島巡り

カテゴリ:
昨日訪ねた、二つの小さな島、篠島(鯛とシラスの島)と日間賀島(タコの島)。予想以上に人が沢山暮らしている島で栄えていた。で、島猫が皆無だった!さむかったからかなぁ。
海は綺麗で名古屋圏からアクセスも良く、暮らしやすそうな島でした。自転車で一時間あれば、両島とも回ることができて、一日の島三昧の遊びには最適かなぁ。次は釣りでものんびりしたいですスクリーンショット 2019-01-01 17.56.59

49209687_2074481902633590_549174795007164416_n

今日の富士山

カテゴリ:
今朝の富士山は家から2分の展望所へ。うちからのご来光はちょうど先日登った、蛾ヶ岳(ひるがだけ)から日が昇ります。
ちょっとずれるだけでも、太陽が出てくる場所は大きく変わります。気持ちよかった!スクリーンショット 2019-01-01 18.01.16

岡本太郎の本棚

カテゴリ:
太陽の塔に行って、改めて岡本太郎の本を引っ張りだして、読んでみようと思った。建築や壁画や彫刻みたいな作品が岡本太郎の代名詞だけど、岡本太郎の魂のこもった東北や沖縄、日本各地の写真や紀行文はすさまじい。全身全霊で生き続け、熱く考え続けた人なんだとわかる。
昨日、2回目のボヘミアンラプソディーを見に行ったけども、フレディマーキュリーとも被って、男の凄まじい生き様を見せつけられたぁ!スクリーンショット 2018-12-06 23.57.29

太陽の塔、胎内へ

カテゴリ:

今日は万博記念公園で太陽の塔の内部見学の予約がとれて、入ってきました。岡本太郎の偉大さを改めて認識しました。1970年、万博生まれとしては、入れてよかった。次は2025年か。半世紀以上55年を経てまた大阪で。時代の変化激しい日々だけど、本質的には、人間はあまり変わらないし、岡本太郎の言葉は今も心に響くし、岡本太郎以上の芸術家は出てきていないよねー。スクリーンショット 2018-12-07 0.02.35

このページのトップヘ

見出し画像
×