https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

【kamizurubooks】きたぐにの動物たち

カテゴリ:
先日、本多勝一の本を眺め見ていて、持っていなかった本を追加購入。いやぁ面白く、興味深いというのと、本物のジャーナリストの徹底さやすごさを感じる。これだけの北海道の動物、また北海道に行くのか楽しみ!27971996_1662688460479605_5683690738342256954_n

【kamizurubooks】秘密基地

カテゴリ:
この数年、秘密基地、DIYも交わってミニ小屋ブーム。みんな好きよね!
田舎暮らし、自然に近い暮らしはまぁ、環境的に自分たちだけの小屋のようでわざわざ作る気はしなくなる。場所や土地があるから。土地や場所に余裕がないところに秘密基地や自分だけのスペースを作るのが楽しいのよね。
昨日までのテントはやっぱり究極の秘密基地。特に天気悪いと、何時間も缶詰で食事から何から何までテントの中。山にはシンプルな生活が詰まってる!28056274_1662661513815633_5143648538736015017_n

ロープウエイで雪の稜線

カテゴリ:
週末の金土日、新穂高ロープウエイに乗り、西穂高方面へ向かいました。新穂高ロープウエイはすべて満員。9割がたが台湾の団体の人々でした。
台湾ではこのような雪景色や雪の壁、ヒマラヤのような景色はみられないので、北海道と並んで人気があるようです!日本の観光産業にとっては、ありがたいことです。
ここ新穂高ロープウエイから美しい雪の森を1時間半ほど歩くと稜線に立つ西穂山荘に到着します。数少ない通年営業している山小屋で、冬のアルプスの峰々を比較的楽に楽しめる数少ない場所です。雪山の入門的にも厳しい条件を経験するにも、山小屋やロープウエイの存在は何よりも安心です!
登山をはじめて、残雪や雪のある山を経験した人はぜひ、この西穂の稜線へ!! IMGP2102

西穂高の稜線へ

カテゴリ:
西穂高の稜線から帰ってきました。といっても丸山までですが。昨日は猛吹雪で丸一日テントに停滞して、今朝綺麗な稜線を見ることができました。テント内の気温がマイナス10度くらい。外はマイナス15度くらい?ロープウエイも終日動かず、結果、今朝の稜線は私たちだけでした!寒いけどもきもちいい!次元が違うけども、イモト南極いいなあ(笑)IMGP1965

雪の稜線へ

なかなか雪山に行けないでいますが、こんな景色に早く会いたいと思いつつ、うかうかしてると、花粉がきて、黄砂がきてしまうなぁ。昨年の谷川岳の景色です。image

このページのトップヘ

見出し画像
×