https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

雑踏の石垣島

石垣島は一大観光地になっていて、中心部は夜遅くまでたくさんの観光客がうろうろしてます。土産屋さんや飲食店がずっと続いています。どんどん新しいホテルや店もできていて、ノースフェイスの店とかも新たにできている。
辟易するのはホテルの値段。僕の感覚でいえば、今までの2倍以上な感じで、もう一般ビジネスホテルすら高くて泊まれない。
東京や京都を筆頭に日本じゅうのホテルが高騰しているでしょ。僕らは海外を旅していたときのように、日本でもいわゆる安宿に泊まることにしよう。宿泊施設の法律が制定されて、逆に、民泊もかなり減ったようだし。日本の宿泊事情はどうなっていくんだろうか。34962327_1801505109931272_2879714587727364096_n
36228722_1801505143264602_3830990813760847872_n

西表島 歴史と自然

西表島に向かいます。日本最後の秘境とか東洋のガラパゴスとか言われる島です。東京から石垣島に直行で行けて、高速船ですぐに、たどり着けるようになりました。
移動時間が長いのでたくさん復習予習します。多様で繊細で豊かな自然は当然ですが、島の歴史をみると、苦悩の島ともいえます。自然に翻弄(マラリアや台風など)され、日本本国からは搾取し尽くされた琉球、八重山諸島。北海道やアイヌととても被りますし、形を変えながらも力を持った者や国が弱者を抑圧するというのは、町の商店街から国家間までその構図は何百年も変わらないのだなぁと人間の業の深さを感じます。
野生動物や植物の生存競争はもっともっとわかりやすく、熾烈ですが。36199721_1800944039987379_8227397381797183488_n

山梨百名山 国師ヶ岳

今日は昨日に引き続き、山梨お手軽名山、国師ケ岳。1時間ちょいの歩行で2600mまで上がります。登山口である大弛峠は車で溢れてました。多くの方はここから、金峰山に向かいますね。36002771_1797732590308524_2946713650888441856_n

「海の祭礼」

利尻から帰ってこちらを入手。楽しみ。そして、また行きたくなるね!知らなかった歴史もたくさんあるなあ。たくさん本を読んで、自分の旅に深みを与えたい。
35989445_1798383043576812_2844511438041513984_n

36087343_1798383023576814_7917438233519063040_n

雨の山、飴の櫛形山

雨の一日、今日は関西からの方々と櫛形山ガイド。原生林は濃く深く、唐松林は淡く優しい緑。ちょうど連載しているNature photo world。テーマはグリーン。今日の登山にぴったり。日本は緑に溢れてる!
36199705_1796701550411628_5163590144892076032_n

36054520_1796701543744962_780770950709772288_n
36063975_1796701573744959_5985913070239612928_n

利尻礼文で海を見ながらトレッキング

利尻礼文で海を見ながらトレッキング!
って、雑誌のコピーみたいですが、濃厚で深い青海を見ながら、そしてひたすら花畑。こんな世界はやっぱり日本でもここだけじゃないかなぁと感心します。
長い冬をぬけ、わずかな夏のハレの日々。たくさん地域でお祭りも行われてました。
35826077_1794320023983114_7926823707723431936_n
35855844_1794320043983112_8208652959106465792_n
36041303_1794320037316446_5625035770407419904_n

島を愛する

島を離れますー!観光客たくさんの島だけど、やっぱり静かな場所もたくさんあるし。利尻礼文で一週間くらいあれば堪能できるよねー!宿は高いけど、若い人はユースやテントに泊まればよいし、札幌-稚内は夜行バスを使えば安く行ける!
個人的には八月後半や九月十月が旅しやすいと思うなぁ!35920363_1794419333973183_8973958003166281728_n

ひぐま上陸の利尻島

クマ騒動中の利尻でしたが、明治45年に一度、渡ったクマがいたというのは話で知っていました。頑張って渡った途端に殺された可愛そうなクマ。
今回のクマは天塩から泳いで渡ってきた300キロくらいのヒグマらしい。オスで、メスを求めて渡ってきたらしい。もしくは利尻から漂うなんか美味しそうな匂いに誘われて泳いできたとか。
渡って三週間、メスがいないから、いま、一人で寂しい。しかし敵は居ないし、餌は豊富だから、生き延びるのは大丈夫。ただしばらく山にいるので、塩分補給で、そろそろ海に降りくるのではないかとか。メスがいないから、また泳いで帰っていくのではないかとか。
行政はまた被害はないから、放っておくとか。利尻にはトドのハンターしかいないし、トドハンターは熊を撃つ資格はないから、誰も何もできないとか。町民はやっぱり不安だから捕まえて欲しいと。
私個人的には、頑張って泳いだクマを捕獲して、完泳おめでとう㊗️として、利尻のアイドルにするか、北海道の原野に逃がしてあげたいなぁ。35924051_1794783947270055_1261543091538493440_n
35963554_1794783930603390_1911331017327640576_n

このページのトップヘ

見出し画像
×