https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

山旅実況生ブログ「ニペソツ無事下山」

0cc8f861.JPG二ペソツ山、北海道の中でも屈指の名山です。歩行12時間丁度。ながい、、
アップダウンがあり、幾つものニセピークがある。天候は霧雨。展望なしだけど、花々の群落に励まされた登山でした。

今回はまず7日間の北海道の隠れた名山めぐり。
石狩岳
ニペソツ山
芦別岳
ニセイカウシュッペ山
天塩岳
の5座。怒涛の山の日々。しかし健脚な仲良しグループでチームワークは最高だから安心。なんとか体力維持して頑張ろうか!

山旅実況生ブログ「再び北海道へ。苫小牧港」

6fa39c40.jpgまたまた北海道へ上陸。この時期は北海道に限るなぁ。が、雲があつい。
北海道へは船に限る。乗り物での移動中はさまざな制限があるものの、だからこそ満たされた家とはちがうことができる。本を読んだり、考え事をしたり。だた船が揺れない場合のみ

山旅報告「WILD1 八ヶ岳 赤岳」

カテゴリ:
bda938b8.jpgWILD1登山ツアー山行
2006年7月1日(土)〜2日(日)

ガイド上鶴篤史

ひさしぶりの八ヶ岳。美濃戸口からの周遊コースでした。
今回のガイドはアウトドアショップWILD1のイベントツアーのガイドでした。
ショップのスタッフの方と一緒にあるきました。

ツアーといえども、ショップの方とお客様のいい関係が出来上がっていて、はじめから和気藹々の雰囲気でスタート。
普通、2日間のツアーだと、終わる頃にようやく打ち解けてというのが普通だけども、すでのその準備ができているのはありがたい。
またそのリラックスした状態で山に行くのは事故防止にもとても大切。

岩稜でのリラックスは逆に危険だけども、それを締めるのはガイドの役目。
安全と楽しさの両立がうまく図れたツアーでした。

稜線へは八ヶ岳特有の急峻な登り、はしごや鎖が頻発する。
リスクも多い登山道ですが、北アルプスの岩場とは違い、時間が短いので、その間は特に集中!!
そして大半が曇りのなか、雲の切れ間から浮かび上がる岩峰群。そして花々。
アルプスシーズンの前の3000m近いエリアでの岩稜歩きはとてもいいトレーニング。

ウルップソウも見られ、イワウメやチョウノスケソウの群落はすばらしく、本当に頂上直下に立つ山小屋もすごい。。。
花を楽しみながら、雑談をしながら、少人数での楽しい登山でした。


□今回の学び□
・睡眠不足は標高の高い山であればあるほどつらいのだ。
・山ですれ違いは山側に避けよう。
・岩場では精神のコントロールが必要。
・三点確保と急坂での下り方。
・鎖の使い方(大人数の場合)
・高山植物の学び方・図鑑の見方
・ストレッチは後に疲れを残さない。
・歩き出す前は靴紐の確認、ストックの長さ、ザックの調節を。
・強風時の台風姿勢と帽子・ザックカバーが飛ばないように。
・高山病の対処法
・夫婦愛(ビデオ)
・夢をもつこと「青春とは歳を重ねただけで人は老いない 夢を失ったときはじめて老いる」(ビデオ)
などなど

山旅実況生ブログ「八ケ岳」

fe1013c2.jpg今日から2日間、八ケ岳。梅雨中ですがこの時期だからこそ見ることのできる花や景色がありますね。美濃戸から文三郎尾根を経て山頂へ。翌日は地蔵尾根を下り戻る予定です。雨も何とかやんできて、楽しみな山スタートです。今回は急遽行くことになった登山用品店のイベントのツアーです。

このページのトップヘ

見出し画像
×