https://www.kamizuru-guide.com
登山や写真撮影のガイド コンパスガイドクラブ https://www.tabiyama.com
美しい日本の風景-写真撮影ポイントガイド https://www.tabifoto.com
南アルプス&富士山周辺・中央沿線・奥秩父登山ガイド https://www.south-guide.com
マウンテンガイド協会 https://www.mountainguide.jimdo.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/kamizuru.atsushi
500px https://500px.com/kamizuruatsushi/galleries
日本百名山 登山バッジ販売中 → http://www.kamizuru-guide.com/shop

幼稚園児、難関の山、笊ヶ岳へ!

今日は日本二百名山や山梨百名山の中でも難関の山、笊が岳。しかもちいちゃな、お客様をつれてます。元気にガンガン歩いてます。徒渉してテント泊。とても子供には刺激的な二日間!

五歳れいちゃん、難関、笊が岳!バックは左から茶臼、聖、赤石です!いい天気!ほぼ全ての南アルプスの山々や富士山が望めました。笊からの富士山は手前に丸いゴザルがあります。小猿ちゃんが、子笊の説明をしてくれてます。かわいいけど、ど根性あります。21761408_1517761798305606_4047510974103806687_n
21764829_1519018858179900_7009387829891315063_n

古本屋巡り

密かな趣味、日本じゅうの本屋と古本屋めぐり。登山のトップシーズンも落ちつくので、再開だぁ。写真は素敵すぎる松本の古本屋。21731373_1510878828993903_7856738362772962879_n

山歩日和12回目

連載12回目、8月発売の陶遊「山歩日和」は大好きな利尻礼文についてまとめてみました。四季折々、なんど尋ねても素敵で、こころ動かされる最果ての島です。きっともう、この土地は冬支度。私の家もそろそろストーブとコタツの準備がはじまります。
上高地、尾瀬、冬の道東、小笠原、屋久島、富士山、涸沢、冬の日本列島、日本の桜、棚田、西表島、利尻礼文と続きました。次はどこにしようかなあ。
バックナンバー的に記事をHPで見られるようにしました↓
http://www.kamizuru-guide.com/blank-321765139_1514517821963337_1252190712025127642_n
21463177_1514517825296670_5751244721454668397_n

三浦康氏 櫛形山写真展

同じ町の住人、北海道時代からの仲間で、移住仲間でもあり、スキーと山と写真を愛する三浦 康(やっち)の個展が富士川町の酒蔵ギャラリー六斎で行われます!
独特な世界観で地元の櫛形山を捉えてます。豊かで野生的な森を抱える櫛形山は私たち住人の母なる山でもあります!ぜひ、見にきてください。で、できれば櫛形山にも登ってほしいなぁ!遊びにきてね。いろんな楽しみの紹介もできます!21764793_1511941278887658_5215884890995362041_n

祖母傾大崩 プロモーション

教えていただいた動画。祖母傾大崩!僕が好きな山域とdrum taoのコラボプロモーション。
この山域にはクマがまだ棲息しているかもという奥深いエリアです。大崩山は多くの人に登ってもらいたい山です!

洞爺湖、秋の夜、湖上の花火

今日は洞爺湖にいます。今日の道南は雨で予定の山には登れず、美味しいもの食べたり、函館をみて回りました。今回最後の宿は洞爺湖温泉。花火もあがりました。隣でみてた人が、湖の魚はどう思ってるんだろうって言ってました。いい感性だな!21728023_1509918742423245_3338989992615779236_n

オプタテシケへ

昨日から避難小屋に泊まり、十勝連峰のオプタテシケに向かってました。美瑛からもトムラウシからも独特な形と存在感がカッコイイ山。行くのも大変です。

久しぶりにこの山からの展望を期待してましたが、ずっと雨とガスの二日間でした。が、ちらりと雲の合間から山並みが!ギンギンに紅葉してます!北海道ならではの紅葉。今年は早くて、紅葉もいいのかな!
image

秋の始まり北海道

昨日、北海道へ渡り、今日は夕張岳へ。秋がずいぶん始まっていました。富良野側、金山ルートでした。長〜い、、明るいうちに降りれるかしら。四日ぶりの山だけど、久しぶりの山な気がする。image

image

好天つづく北アルプス

好天のアルプスが続いてます。水晶岳から雲の平に泊まり、三俣蓮華から双六小屋まできました。残念ながら好天の中、下ります。双六小屋はたくさんの人で、多くの人が槍を目指してます!21192807_1501716973243422_806594217131905999_n
21192341_1501716976576755_4968016770862067609_n

槍が岳を写す鏡池

双六小屋から小池新道を下山して、鏡平経由で新穂高。何度も歩いた道だけど、鏡池ではいつも午後で晴れたことがなかった気がする。やっと鏡池に写る槍を見ることができた。
道中、親しいガイド数名とすれ違う。シーズン中、度々知り合いに会うのだけど、お互い頑張ってんな!と、とても嬉しい!21230861_1502060253209094_5654397556214799846_n

このページのトップヘ

見出し画像
×