本をゆっくり読むには移動中に限る。
狭いエコノミークラスの座席。
短い通勤時間の間。
本を読むにはそういう時間と空間をどうにか生み出さなければならない。
テレビをつい付けてしまわない環境も。
単に集中力がないだけの話か??

昨日、ぽつりと一日空いた。
2040円で一日JRの鈍行乗り放題という切符がある。
よし、チャンス。と鈍行電車に乗り込んだ。本を持って。
約8時間の移動というか周遊というか夢遊。
札幌を少し離れるだけで、原野的風景が広がる北海道。
集中力は4時間で切れ、ぼぅーーと雪景色を眺める。

電車の中、車の中、家の中。これは極楽天国である。
なにせ外は氷点下の世界なのだから。

暖かい社内で蟹弁当を食べ、ついついビール。
うっ、目的がずれてきたぞ。

しかし、道路での転倒は昨年の記録を上回り3度転倒。
ボードではもちろん転倒。
いためている首(鞭打症)が長距離列車でさらに痛くなりました。。。