カテゴリ:
2010年7月21日(水)〜25(日)

今年は梅雨明け十日の言葉どおり、朝には晴れて、午後には雲がわき出す。そんな夏山らしい南アルプスでした。そして晴天にめぐまれ、長大な稜線を歩きました。
驚異集落「日本のチロル」下栗の里に一泊、易老渡から急峻な尾根を易老岳へ。樹林の中を軽快に登ることができました。そして稜線を光岳へ。光小屋でもゆったりとすごせ、登頂できました。夕日、そして朝日ともすばらしく、富士山もばっちり!イザルヶ岳も最高でした!そうしてゆっくり贅沢な歩きで、茶臼小屋へ向かいました。刺身の夕食にはびっくり!!

翌日も晴天!がんばる一日です。上河内岳を越え、聖平小屋へ荷物をデポ。いよいよ聖岳へ。巨大な南アルプスらしい山です。急坂を越え、予定よりずいぶん早く登頂できました。天候も保ってくれて、眼前に赤石岳を望むことができました。下りはまたゆーーったりと花々を見ながら下山。うれしさ一杯で聖平小屋に宿泊しました。そうして最終日は下山のみ。今日もいい天気。苔むした巨木の森を下山し、徒渉を楽しんでトロッコ道へ抜けました。下山後は「かじかの湯」快適で大きな施設。ジンギスカンで力をつけましたね。最終日も順調で木造校舎やトロッコを見学してから茅野へ向かいました。

静かな南アルプスらしい巨大で豊かな稜線歩きでした。次は荒川三山、そして赤石岳。いけばいくほど山の魅力は尽きません。。
201007光岳から聖岳