カテゴリ

カテゴリ:「山旅ガイド報告」

カテゴリ:
2011年9月8日(木)~10日(土)

越百や南駒に引き続き、中央アルプスの山々を制覇しました。
一日目は北端の経ケ岳。趣ある仲仙寺から単調な道を淡々と大展望の八合目まで歩きました。八ヶ岳から南ア、中央アまですべてが望める気分の良い山でした。飯田に移動しホテルに連泊です。次は安平路岳。摺古木山までは快適な登山道でしたが、それからは雨とひたすら笹の海を泳ぐようにすすんで行きました。ある意味、とても印象に残る山でした。そして三日目は南木曽岳。歩行時間は短いものの急坂がなかなかハードでした。しかし山頂からの展望は一流。楽しい歩きで3座目を終えました。温泉に入り蕎麦をご馳走になりました。
日帰りの山々でしたが、それぞれ個性があり堪能した、三日間でした。

201109中央アルプス 経ケ岳


201109中央アルプス 安平路岳と摺古木山


201109南木曽岳


カテゴリ:
2011年5月6日(月)~7日(水)

台風が去り、爽快で充実したアルプス縦走を楽しみました。小屋も個性とおもてなし十分で、楽しい山旅でした。
一日目は雨。雨の中モクモクと歩き越百小屋へ到着。美味しい食事とコーヒー。そして楽しいのおもてなしでした。
そして予想通り翌日は晴れ。越百岳へ登ればあとは稜線歩き。次々に現れる素晴らしい花崗岩の山容に疲れも忘れ楽しく歩けました。雄大な空木岳へものんびり歩き。ゆったりぞんぶんに一日を楽しみました。夕刻、木曽殿ホテルへ。小屋も空いていてここでも素敵なおもてなしを受けました。
翌朝、素晴らしい天候なので、東川岳へお散歩?朝の爽快な展望と稜線。空木岳の勇姿を望みました。
稜線をくだるのももったいないほどの天候でしたが、無事に下山。温泉に浸かり解散することができました。
三日間の中にぎっちりと詰まった夏の終わりの楽しい山旅でした。

https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201109中央アルプス 越百山から南駒ケ岳 空木岳

カテゴリ:
2011年8月29日~31日
ノロノロ台風12号に追われながらも、素晴らしい展望と名峰に囲まれた日本第二の北岳でした。予定通り広河原から登山開始。午後になっても天気の良い恵まれた一日でした。大樺沢からバットレスを眺めながら、ゆっくり稜線を登りつめました。訓練の成果も出て、よく頑張りました〜。そこからは360度の爽快な展望。是非次にチャレンジしたい甲斐駒ケ岳、鳳凰三山(薬師、観音、地蔵、オベリスク)仙丈ヶ岳そして富士山。さわやかなアルプスだけの景観でした。花々を見ながら難所もクリアー。間ノ岳を正面に見ながら北岳山荘に向かいました。
空いて快適な小屋で魚もいただき、飲んでそして存分に睡眠を摂ることができました。
しかしゆっくり台風も近づいています。残念ながら白峰三山と間ノ岳は断念。風とガスの中、八本歯のコルを下って行きました。ハシゴれんぞくを踏ん張り、下り方もマスターして無事に下山しました。林道封鎖や山に取り残されることを防ぐことができ、ビールとお風呂とカレーで下山を祝うことができました。
予定を繰り上げての山旅でしたが、リスクを回避するのも山では重要ですね。また来年、魅力あふれるアルプス登山を楽しみましょう!

https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201108南アルプス 北岳

カテゴリ:
2011年8月25日~26日
百名山98座目の皇海山でした。完登までもう少しあとわずか。
前日は渋川に宿泊。伊香保温泉の古民家でうどんを食べ、美術館を回りました。
皇海山へは長い長い林道を進みました。天気もまずまず。笹の道から沢沿いの道へ。滑りやすく気の使う道を進みました。そうするうちにスコールのような雨が降り出しました。歩行時間は短いものの、やっぱり楽な山はなし。慎重にロープを伝いながら進みました。そして展望のない山頂へ無事到着。下山も慎重にすすみ、下山しました。
下山後はシャクナゲの湯で疲れを癒し、食事もたのしみました。
光岳から聖岳に続いての長い山旅でしたが、無事に終了。大変お疲れ様でした!

https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201108皇海山

カテゴリ:
2011年8月20日(土)~24日(水)

雨に打たれながらのロング縦走でしたが、歌声も聞こえる気のあったメンバーでの楽しい山行でした。
まずは驚きと感嘆の下栗の里。美味しいイノシシの肉をいただき、翌日からの登山に備えました。
雨天の中まずは光岳を目指し登りの尾根をよじ登りました。そしてツェルトでの昼食も楽しみました!?雨のおかげで美しい緑の森も生き生きしていました。水場で水を補給し光小屋に到着。快適な滞在でした。

翌日も雨天。光岳山頂にタッチし、茶臼岳をめざして長い道を歩き、早い時間に到着しました。ゆっくり山小屋でのコーヒータイムを過ごしました。
そして期待の翌日。回復傾向にあるもののまだまだ展望は望めませんでしたが、聖平小屋へ。そして聖岳へアタックをかけました。ありがたいことに天候も良くなりかかり、登りやすい。しかし最後の長い長い登りはハードでした。山頂ではホットアクエリアスで乾杯でした。
そうして気を楽にして、嬉しさをかみしめながら聖平小屋に滞在しました。そうして天気の回復した最終日。ゆっくりゆっくり下山し、無事に沢も渡り易老渡に到着することができました。最後はかぐらの湯にて温泉と食事を楽しみました。
やっぱりアルプス。ハードでロングな山旅でしたが、思い出に残るいい山行でした。

https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201108南アルプス 光岳から聖岳

カテゴリ:
2011年8月12日(金)〜15日(月)
いよいよ念願の剱岳へチャレンジ!今回は早月尾根からぐるっと剱岳、大日をめぐる贅沢縦走。天候に恵まれ無事に登頂を果たすことができました!
まずは馬場島から巨木の続く尾根をよじ登りました。風もあり日陰も多く有難かったです。早月小屋からは北方稜線の峰々がそそり立って、夕景も楽しむことができました。そして翌日。いよいよ登頂。厳しい岩峰をぐいぐい登り詰めました。合流点から沢山の人がいる山頂へ。登頂です。
しかし気は抜けません。別山尾根を下ります。渋滞のカニのヨコバイ、ハシゴ、平蔵の頭、そして前劔。難所が次々続きます。緊張とリラックスを繰り返しながら、無事に剣山荘へ。ホッと安心ですが、それからゆっくりと剱御前まで。ようやくビールで乾杯。無事でよかった。頑張りました。
翌朝は最高のご来光を御前峰で望み大日岳へ縦走を始めました。天気はさらに最高!立山連峰や剱岳を望みながら花畑の多い奥大日岳と大日岳を越えました。そして予定を早めて称名滝へ下山することに。時間を気にしながら下り始め、少しスコールにも会いましたが、難所も越えて下山することができました。
緊張のロングコースでしたが、充実の山旅を好天のなか歩くことができました!そうして魚津に泊まり、居酒屋で海の幸と美味しいお酒で無事登頂と下山を祝いました。

201108早月尾根から剱岳


201108剱岳


201108立山 大日三山縦走

カテゴリ:
2011年8月9日(火)~11日(木)

通好みのアルプス、雲上散歩と岩峰歩きを楽しみました。一日目は昼から越百小屋を目指しました。汗だくだくの歩行でしたが、美しい森の中を登りました。そして小屋ではご主人のおもてなしで、小さな小屋での滞在を楽しみました。
ハイライトの二日目。小一時間の登りで大展望の越百山頂へ。大パノラマと富士山の展望。そしてこれから歩く稜線が望めました。そこからは快適&スリルお歩きでした。想像以上のアップダウンと花崗岩の峰々が素晴らしい。慎重に南駒へ立ちました。まだまだ続く稜線です。空木岳へ到着するころには下山するのがもったいない。しかしガスも出てきて険しい道を木曽殿山荘へ下りました。
小屋では暖かいおでんをいただき、ぐっすりと休むことができました。
風の強い朝でしたが、すぐ樹林に入り整備された道を下って行きました。アクシデントもありながら、無事に下山。そして入浴と昼食を堪能することができました。
シーズン真っ最中。静かな素晴らしいアルプスの稜線を楽しむことができました。そして個性ある山小屋滞在なども思い出に残りました。

https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201108中央アルプス 越百山 南駒ケ岳 空木岳

カテゴリ:
2011年8月3日(水)〜7日(日)

念願の北アルプスの大縦走!今回は富山県折立からスタート。いきなりツキノワグマからの歓迎を受け、登り始めました。1日目は太郎平小屋まで。2時間ほどがんばればあとは緩やかな登山道。高山植物も多く見られました。
2日目は薬師岳ピストン。のんびりゆっくり歩きました。薬師岳山荘で昼食。夕刻は晴れて夕日も見られ、部屋も個室で快適でした!
3日目はいよいよ縦走開始。朝からいい天気!北ノ俣岳周辺は本当に気持ちいい広々した景色でした。黒部五郎岳はガスも出てきましたが、カールの雰囲気は最高!美しい楽園のようです。黒部五郎岳でもおいしい食事をいただき、ゆったり休み、いよいよ後半戦。ロングコースをチャレンジ。三俣蓮華岳、双六岳を超え笠ヶ岳まで。
双六小屋までは快調に歩き、食事を取りました。雨もちらほら。そして苦しい小さなアップダウンが続きます。展望もなく苦しい11時間でしたが、笠ヶ岳山荘でまずスイカをご馳走になり、笠ヶ岳山頂に立ちました。がんばったご褒美で夕刻は晴れすばらしい展望。歩いてきた道のりから剣岳。夕日。そしてもちろん槍から穂高連峰まで感動の景色でした。山ですごす1泊はこんな喜びがありますね!
そして翌朝も槍ヶ岳から朝日が昇り、展望を楽しみながら笠新道を下り新穂高まで歩きました。無事に5日間歩きとおし、展望も楽しみました。
平湯温泉で体を洗い、すっきり帰路につくことができました。(ちょうどスコールも)
長い縦走の日々でしたが、存分に夏のアルプスの一番すばらしい山々を堪能することができました。本当におつかれさまでした!

201108笠ケ岳からの展望〜槍穂高連峰

201108薬師岳から黒部五郎岳


201108黒部五郎岳から笠ケ岳

カテゴリ:
2011年8月1日(月)~2日(火)

夏真っ盛り。3000mの稜線歩きを楽しみました。まずはアルペンルートを走り一気にお花畑の広がる室堂へ。さすがは室堂です。沢山のハイキング客がいます。雷鳥沢では高校生のテント村ができていました。そして雷鳥坂を二時間弱。好コンディションの中歩きました。残念ながら剱岳は見えず、劔御前小屋でゆっくり過ごしました。同室の御夫婦と話も弾みました。
期待した朝もガスがかかり別山へ。お賽銭をあげた途端、雷鳥親子が。とても可愛かったですね。そして雲も抜けて残雪の山容も見ることができ、剱岳も頭を出しました!真砂岳、富士ノ折立、大汝山を越え雄山へ。神社でお祓いを受け、ゆったり過ごしました。一ノ越への下りは延々と小学生が登ってきます。がんばれー。そうして無事に室堂へ。
温泉に入浴し、思い切って白川郷へ。展望台と静かな集落を散策することができました。
そうして一泊二日のアルプスの山旅が終了しました。まだまだシーズンは始まったばかり。夏の山旅を楽しんで、そしていつか剱岳へトライしたいですね。
https://picasaweb.google.com/s/c/transparent_album_background.gif) no-repeat left">
201108立山三山縦走

カテゴリ:
2011年7月23日(土)~25日(月)

台風が過ぎるのを待ったアルプス山行。のんびりと雪渓、展望、花々を堪能することができました。
初日は大沢小屋までゆっくり。そして翌日からの登山に備えました。そしていよいよ雪渓歩き。すずしくて気持ちいい。青空とのコントラストも美しかったです。雪渓あとガレ地を登り針ノ木小屋へ。いきなりアルプスのパノラマが広がりました。天気のいいうちに早速、針ノ木岳へ。どんどん景色も広がりアルプスのピークに立ちました。剱岳や立山連峰、槍ケ岳、白馬岳や双耳峰の鹿島槍も見ることができました。更にその日のうちに蓮華岳へと向かいました。コマクサが全盛でのんびりと歩くことができました。山小屋ではゆっくりビールをのんで、他の登山者とのおしゃべりなどで楽しみました。
そして翌日は下山。そして時間もあるので急遽鉢伏山へ。広々した雲と青空の広がる高原と気持ちいい風の中歩くことができました。三百名山ひとつゲット!そうして爽やかな夏のアルプスを楽しみました。

201107針ノ木岳と蓮華岳

201107鉢伏山高原

このページのトップヘ

見出し画像
×