カテゴリ

カテゴリ:)務て

【kamizurubooks】きたぐにの動物たち

カテゴリ:
先日、本多勝一の本を眺め見ていて、持っていなかった本を追加購入。いやぁ面白く、興味深いというのと、本物のジャーナリストの徹底さやすごさを感じる。これだけの北海道の動物、また北海道に行くのか楽しみ!27971996_1662688460479605_5683690738342256954_n

冬の青い池 ライトアップ《美しい日本の風景》

カテゴリ:
話題の北海道美瑛の青い池、冬のライトアップ。
人工的なライトアップって、正直少し抵抗がありましたが、とても美しくド派手でもなく、いいものでした。冬の静けさと身が引き締まる寒さの中、奏でるようにシンプルな色の明かりが照らされていました。なかなか他では見ることのできない情景です。
27459731_1276008912498618_2394318956242113518_n
27540669_1276008909165285_2261751859862056754_n

知床半島の流氷《美しい日本の風景》

カテゴリ:
もうすぐ流氷が着岸する季節です!北海道の流氷と知床半島ウトロからの夕日です。オホーツク海が氷に覆われる流氷。これは一度は見てほしい景色。この時期のこの場所でしか見ることができない感嘆の光景でした。(今年の写真ではありません!)45

ガイド報告「日高山脈 幌尻岳&祝!日本百名山完登」

カテゴリ:
2010年9月10日(金)〜13日(月)

百名山のなかでも難関として知られる幌尻岳。山に入るまでは心配がたくさんですが、メンバー仲良く、歩いて飲んで楽しい登山になりました!

日高高原荘でゆっくり温泉につかり、翌日からの登山に備えます。天候は良さそうで、増水もしていたいということで、早朝はとりやめて、ゆっくり出発しました。林道を走り、駐車場へ。林道歩きから沢歩きのはじまりです。

やはり水は多くて膝上ほどで、きれいな水の流れの中を歩くのは予想以上に気持ちいい!楽しみながら幌尻山荘まで。あっという間でした。山下ガイドの渡渉棒に感謝しました。夕食の焼き肉ややきそばも美味しかった!

翌日、命の泉経由で山頂まで4時間。天候はどんどん良くなって、すばらしいカールと日高山脈の展望が広がっていました!念願の幌尻岳に登頂です!!そして里見さん、百名山完登!!おめでとうございました。別の大阪の登山者も完登でした。めでたいめでたい!

ゆっ くり下山開始。そして渡渉です。なんとも終わるのがもったいないというほどの気持ちいい渡渉でした。そしてながい林道歩きを頑張りました。本当に今回も運がよく、ラッキーでした。そして温泉でゆったり、ビールもたくさん飲んで、ほんとうにメンバー仲良くなりましたね!!

そうして最終日は二風谷のアイヌ博物館やウトナイ湖、そしてサッポロビール園でビールとジンギスカン。支笏湖でアイスクリームと存分に楽しんで千歳空港へ向かいました。

今回はほんとうにメンバー恵まれ楽しい山でした。しかも百名山完登を一緒に祝福。天候も最高でした。また本当に再会したい山旅でした。


201009幌尻岳

ガイド報告「日高山脈 幌尻岳」

カテゴリ:

2010年9月6日(月)〜9日(木)

百名山のなかでも難関として知られる幌尻岳。山に入るまでは心配がたくさんですが、さて今回はどういう状況でしょうか?

日高高原荘でゆっくり温泉につかり、翌日からの登山に備えます。夜、なんだか雨が降っています。。。心配だな。しかし予定通りに4時出発。林道を走り、駐車場へ。増水状況は取水ダムに行くまでわかりませんが、なんだか水は少なそうです。
天気予報は今日、明日よさそうです。少し安心して岩のへつりを越え、渡渉開始。

やはり水は多くて膝上。きれいな水の流れの中を歩くのは予想以上に気持ちいい!わいわいちゃぷちゃぷ楽しみながら幌尻山荘まで。あっという間でした。翌日も天候は良さそうなので、今日はここまで。のんびりゆっくり過ごしました。夕食の焼き肉ややきそばも美味しかった!

翌日、命の泉経由で山頂まで4時間。天候はどんどん良くなって、すばらしいカールと日高山脈の展望が広がっていました!念願の幌尻岳に登頂です!!やったー。条件も良く、何時間でも居たい山頂でした。

ゆっくり下山開始。そして渡渉です。なんとも終わるのがもったいないというほどの気持ちいい渡渉でした。本当に今回は運がよく、ラッキーでした。最後の林道歩きもわいわい楽しく。本州では台風の大雨で大変だったのに、私たちはとても快適な山旅でした。またこの九州メンバーであるきたいですね!そして白石君の渡渉棒もありがとうございました。

IMG_0218
IMG_0243
IMG_0250
IMG_0360

カテゴリ:
2010年9月4日(金)〜6(日)

北海道のほどよい歩き、そして展望やお花畑は一級品の名山を歩きました。
山旅のベースは「遊湯ぴっぷ」にて。温泉とおいしい食事でゆったりと過ごしての登山です。

まずは天塩岳。林道を奥へすすに、沢をわたり丸山まで登ると展望と歩く登山道がのぞめます。すがすがしい風が吹き、晴天。のんびりと名山を歩きました。
ヒグマの気配を感じながらも前天塩も越え、ガレ道をくだりました。

翌日も展望とほどよい歩きのニセイカウシュッペでした。吉野さんとも合流して楽しみな登山。とおもいきや、時間がすぎるほどガスと雨。。。。どろどろの道も帰りにはすごい状態でしたね。ただお花畑は広く、山頂付近の雰囲気はなんとなく感じることができました。お手軽な名山。また訪ねてみたい山でした。

そうして再び遊湯ぴっぷで入浴、おもいがけない再会もありました。百名山以外にもたくさんの名山がある北海道です。また来年も歩きましょうね!!


ガイド報告「北海道、遥かなるトムラウシ山登頂」

カテゴリ:

2010年8月27日(金)〜29日(日)

憧れと緊張の気合の入る山、歩行時間は12時間越のトムラウシです。
初日は北海道らしく海産物の昼食をとり、無料の高速を通り、山奥の東大雪荘へ向かいます。広々したお風呂と部屋でゆっくりすごして翌日のトムラウシに備えます。

ヘットライトも不要で軽快にカムイ天上へ。とても天気よく視界良好。トムラウシが近くに見えてしまいました。しかしなぜだか時間のかかる山なのです。コマドリ沢まで下るとお花畑もはじまり、ナキウサギの声をききながら、前トム平へ。ここちよい風が吹き、寒くも暑くもなく、好条件。そしてトムラウシ公園などの景色を眺めながら歩きました。そして南沼から山頂へたどり着きました。今日は十勝連峰から旭岳、そして石狩やニペソツなど東大雪の山々ものぞめました。きもちいい!山頂でもゆったりすごし、下山開始。やっぱり6時間かかっていました。午後も天気は安定しています。ゆっくりとすごし休みながら一日の歩行時間を存分に使い切りました。そうして無事安全に、そして楽しくトムラウシ登山を終えました。本当に一日存分に歩く、ハードな山だけども、メリハリあり、景色の変化も雄大さも存分に楽しめた山でした。

そして三浦リサさんはじめ、とても楽しくいいメンバーで歩くことができた山でもありました。ありがとうございました。
IMG_5807
IMG_5823
IMG_5806




北海道、素敵なシビれる風景にたくさん出会いました。感謝

カテゴリ:

201006北海道 土橋の巨樹の森
●あまり知られていない森ですが見事な巨木が並んでいました。木々の名前もチャーミング!

201006北海道 狩場山麓のブナ
●改めてまた行きたい。そして狩場山にのぼらねば。
201006北海道 黒松内北限ブナ
●さまざまな活動をしている黒松内。ここには長期滞在で学びたい。考えたい。
201006礼文島ハイキング
●野生のアツモリソウが見られました。素直にうれしい。
201006利尻岳登頂
●山頂直下もずいぶん整備されていました。ひと安心
201006崕山(キリギシ)ホテイアツモリソウ
●深く自然保護や登山、行政などを考えることができました。
201006天売島と焼尻島
●とりあえずウニ丼。おだやかで個性あるいい島々です。
201006美瑛と富良野
●何度訪ねても表情を変える富良野美瑛。自転車は最高!
201007北海道松山湿原
●こんなところにこんな広大な湿原が。。。北海道の大地はすばらしい
201007天塩岳山麓
●熊、増水、雷。。試練の山でした
201007ニセイカウシュッペ山
●花と展望の名山!秋にリベンジだ!
201007羅臼岳
●今回は展望無くとも名ルート。変化あり雪渓有り、名水あり面白い山だなー●沢登りはやっぱり面白い!
201007斜里岳
201007雌阿寒岳
●手軽な名山。楽と思えばきつい。きついと思えば楽
201007然別湖と東雲湖
●シノノメ。見事な秘境の湖でした。
201007浮島湿原と層雲峡など
●静かで花にあふれる大湿原。関東でなく、北海道でよかったね
201007ウペペサンケ山
●ひたすら蚊に苦しんだ、笹藪の山。これが北海道の山だーー

カテゴリ:
2010年7月9日(金)〜12(月)
毎年恒例の北海道登山の旅、今回は東大雪の山々をめぐる予定です。雨にたたられながらも、楽しんで苦しんで楽しい4日間でした。

初日、まずは然別湖へ向かい、秘湖東雲湖へ足慣らし。さっそく北海道の深い自然に触れました。そして翌日。山は中止にして確実に雨の模様ということで、道北方面へ向かいました。十勝三俣から三国峠を越え層雲峡へ。なかなかいかない双爆台から二つの滝を眺めました。そして浮島湿原へ。だーーれもいないすばらしい湿原。池塘とワタスゲが広がり、トキソウやツルコケモモが見られました!
白滝SAで昼食後、陸別の999の駅や螺湾ブキを見学しました。
宿泊は糠平にて温泉で休みます。そうして少しの晴れ間いよいよ登山です。林道を900m地点まで行き、登山開始。いきなり蚊蚊蚊!そして笹藪や倒木の洗礼。それが稜線部まで続きました。稜線ではハイマツの洗礼でしたが、すばらしいであろう稜線の雰囲気を味わいました。コマクサやエゾツツジなどの群落も素敵でした。そうして思い出深い!とても印象に残ったウペペでした。
最終日も雨予報。車でのドライブで幾寅駅や北の国からの麓郷の森、そして風のガーデンを歩きました。やっぱり富良野は素敵な町です。おいしいパンの昼食後、千歳空港へ向かいました。

今回は雨の多い蝦夷梅雨の日々でしたが、北海道の山々そして奥深さを感じることができた4日間でした。まだまだ魅力の多い北海道。来年も楽しみましょう!


このページのトップヘ

見出し画像
×