カテゴリ

カテゴリ:Χ綵・沖縄

カテゴリ:
2011年4月15日(金)〜18日(月)

春真っ盛りの九州にきました。山はやさしく、そのぶんたくさんの楽しみがあります。
まずは背振山。車で山頂直下まで行きますが、ブナの美しい山です。そして吉野ヶ里や菜の花の堰堤を走り、鳥栖へ。まず夕食は中華でした。2日目は湧蓋山へ。草原をさわやかに歩けるすばらしい名山。また歩きたい山です!下山後、夢の大吊橋をわたり昼食後に鶴見岳へ。まだまだ桜も咲いていて、得した気分。ここでもロープウェイを利用で、らくらくでした。ミヤマキリシマや樹氷の時期も訪ねたい山です。夕食はやきとりへ。まずは豚バラ!
3日目は西へ向かい長崎の多良岳。やく4時間ほどの歩行でした。オオキツネノカミソリの群落が印象的でした。そうしてあっという間に4座完登。
午後は佐世保の九十九島のクルーズ。山のあとの海はきもちいい!
そうして宿泊の嬉野温泉。立派なホテル桜に泊まり、温泉も堪能しました。
居酒屋で夕食。ゆったりとすごしました。
4日目は武雄町にむかい、川古や武雄神社の大楠に出会いました。樹齢3000年。堂々とした立派な巨樹でした。そうして毎日いい天気の九州北部の山めぐりは終了。たくさんのおまけつきの山旅でした。次はミヤマキリシマに出会う登山!楽しみです。

201104背振山


201104湧蓋山


201104鶴見岳


201004多良岳と九十九島


201004武雄の大楠

ガイド報告「霧島韓国岳と開聞岳&桜島と薩摩半島め

カテゴリ:
2010年5月14日(金)〜17日(月)

晴天につつまれ、山も快適!観光も充実、宿は驚き感動の4日間でした。

午後鹿児島空港に到着。さっそく荘厳な霧島神宮を訪ね、旅の安全を祈りました。霧島温泉にゆったり浸かり、翌日からの登山に備えました。韓国岳へはえびの高原から楽々登山です。ミツバツツジも美しく、ミヤマキリシマもちらほら咲いています。山頂からは大浪池や高千穂峰を望めました。下山後は桜島へ。くろず屋さんを訪ね、びわを買い出ししました。桜島半周のドライブで、スケールの大きさや地球の鼓動を感じました。そして渡船に乗り鹿児島港へ。15分の船旅もここちいいものでした。そして薩摩半島を南下し指宿へ向かいました。

2連泊の「メディポリス指宿 天珠の館」は展望抜群でなかなか泊まることのできないような立派で快適なホテルでした。

翌日も晴天。開聞岳登山口へ。日本最南端の西大山駅に立ち寄りましたね。開聞岳はぐるぐるとまわりながら山頂へ。山頂からは池田湖や長崎鼻などの展望がすばらしかった。海の見える山頂はなんとも気持ちがいいですね。そうして無事下山。長崎鼻に立ち寄り、山川港で買い出ししてホテルへと戻りました。

そうして登山も無事終了。ゆったりとホテルで休んで、最終日。池田湖そして秘境の棚田と開聞岳を眺めながら知覧へ向かいました。特攻平和会館や武家屋敷、そして茶畑を見学しながら鹿児島空港へ向かいました。最終日も晴天!そしてメンバーそれぞれ仲良くなって、楽しく思い出深い山旅になりました。

201005韓国岳と桜島


201005開聞岳と薩摩半島

沖縄本島・石垣島・西表島〜美ら島めぐり〜

カテゴリ:
2010年4月9日(金)〜12(月)

心配した天気にも関わらず、好天続きで、食べて見て笑って動いた4日間でした。那覇空港からさっそく南部の戦跡をめぐりました。昼食はやっぱりソーキそば。地元の人が集まる店は美味しい!そして名護方面へ車を走らせ、オリオンビールを見学&試飲。美ら海水族館では驚きと感動。水族館の目の前のホテルで夕食と宿泊でした。

翌日はおすすめの備瀬のフクギ並木や今帰仁グスクを歩き、JAで大量買い出し、名護漁港で美味しい昼食でした。那覇に戻り、首里城を見学の後、石垣島に向かいました。またおすすめの居酒屋「まーざん道」でわいわい夕食。そして「安里屋」で島唄ライブで盛り上がりました。翌日はまず、竹富島をのんびり散歩して、港前の「ゆうな」で昼食ととり、川平湾へ向かいました。そしていよいよ西表島。宿泊はニラカナイリゾートでゆったり、幸せ〜。そして夕食も「キッチンイナバ」にてわいわいごちそうになりました。

西表島では猪腰さんにガイドをお願いして、マングローブやサキシマスオウなどジャングルを垣間見て、由布島へ水牛車で渡りました。艶やかな花々の島です!そうして4日間、忙しくも充実。美ら島、あったか沖縄でたくさん楽しんだ旅も終わりました。仲良しメンバーでまた次の旅も楽しみましょう!ありがとうございました。



IMG_4818IMG_4789IMG_4747IMG_4925IMG_5087IMG_5104IMG_5133

ガイド報告「山桜の黒髪山、樹氷の雲仙岳、雪の多良岳&稲佐山登頂」

カテゴリ:
2010年3月24日(水)〜26日(金)

悪い天気予報にもかかわらず、思いがけず、それぞれの山でそれぞれの美しさに感動の3日間でした。おまけもたくさん。旅満喫でもありました。
長崎空港に着いたとたんに予定変更!!北上し佐賀有田に向かいました。桜も真っ盛りということで名所でもあり、○○百名山でもある黒髪山へ。岩峰と桜そしてスリルある鎖場歩きが楽しかった〜。そして宿泊の雲仙温泉に向かいました。民芸風の福田屋さんでゆったりできました。

夜中は雨風つよくどうなるかと思いましたが、雨はなく、仁田峠から普賢岳へ歩き出しました。ガスがかかり、今日は下を向いてもくもくとあるく羽目になるかと思いきや、樹氷樹氷樹氷!グットタイミングで感動でした。ゆっくりと徹底的に楽しみました。次はミヤマキリシマの見える晴れの日に来よう!そして島原城前で具雑煮をいただき、武家屋敷や島原城を通り過ぎ、長崎市内へ向かいました。夕刻の稲佐山からの景色をたのしみ、そして夜は飛び込み料理やさんで美味しい魚と地元のふれあいを満喫しました。

冷え込んだ3日目は多良岳。歩き出すと予想を遙かに上回るオオキツネノカミソりの大群落。本当にすばらしい群落で7月の予定も決まってしまいましたね。雪の山頂部でもゆったりすごし、山小屋のご主人にコーヒーをいただきました。下山後の温泉や薩摩揚げもきもちよく美味しかったですね。さらに大村公園で桜散策。いい締めくくりでした。

長崎と佐賀の名山を歩いた3日間でしたが、充実して、そして次の計画に広がる旅になりました!
IMG_4132IMG_4230IMG_4266IMG_4273IMG_4366IMG_4390IMG_4400

山旅ガイド報告「阿蘇高岳・祖母山・九重中岳」

カテゴリ:
2009年12月10日(木)〜12(土)

九州の初冬を歩いて食べて楽しんだ、そして忙しく3座登頂の3日間でした。熊本空港から仙酔峡へ。ロープウェイはやっぱり止まっているので、しっかり歩いて誰もいない中岳と高岳を歩きました。天気は優れないものの、地球の創世を感じるような大きな火口や噴煙を眺めました。阿蘇のリゾートグランビリィオホテルで温泉に入り宿泊しました。
翌日は祖母山へ。北谷登山口へは時間がかかりましたが、やっぱり登山者が私たち以外に二人だけの静かな山旅でした。展望はありませんでしたが、雨には遭わず、快調な歩きでした。宿泊の長者原に向かう途中、竹田の町。そして岡城跡を歩きました。とても気持ちのいい時間でした。長者原の西鉄ホテル花山酔も親切で気持ちのよい宿でした。
そして最終日は九重。やっぱり人気の山でたくさんの登山者に会いました。展望はすぐれませんでしうたが、大きなおおらかな山容で、また訪ねたい山でした。そうして入浴後、アイスを食べて湯布院へ。町を散策し、コーヒーを飲んで空港方面へ。さらに時間をみながら杵築の町へも足を伸ばしました。空港では関サバと関アジも少しだけ堪能しました。2009年最後の山旅は快調に3日間で3座がんばりました。
今年の山旅を振り返り、そして来年の山旅に期待しながら新年を迎えましょう。
ありがとうございました。

IMG_1246 - コピーIMG_1321IMG_1346IMG_1354

このページのトップヘ

見出し画像
×