カテゴリ

カテゴリ:「美しい日本の風景〜カメラを持って出かけよう」

ロープウエイで雪の稜線

カテゴリ:
週末の金土日、新穂高ロープウエイに乗り、西穂高方面へ向かいました。新穂高ロープウエイはすべて満員。9割がたが台湾の団体の人々でした。
台湾ではこのような雪景色や雪の壁、ヒマラヤのような景色はみられないので、北海道と並んで人気があるようです!日本の観光産業にとっては、ありがたいことです。
ここ新穂高ロープウエイから美しい雪の森を1時間半ほど歩くと稜線に立つ西穂山荘に到着します。数少ない通年営業している山小屋で、冬のアルプスの峰々を比較的楽に楽しめる数少ない場所です。雪山の入門的にも厳しい条件を経験するにも、山小屋やロープウエイの存在は何よりも安心です!
登山をはじめて、残雪や雪のある山を経験した人はぜひ、この西穂の稜線へ!! IMGP2102

冬の青い池 ライトアップ《美しい日本の風景》

カテゴリ:
話題の北海道美瑛の青い池、冬のライトアップ。
人工的なライトアップって、正直少し抵抗がありましたが、とても美しくド派手でもなく、いいものでした。冬の静けさと身が引き締まる寒さの中、奏でるようにシンプルな色の明かりが照らされていました。なかなか他では見ることのできない情景です。
27459731_1276008912498618_2394318956242113518_n
27540669_1276008909165285_2261751859862056754_n

知床半島の流氷《美しい日本の風景》

カテゴリ:
もうすぐ流氷が着岸する季節です!北海道の流氷と知床半島ウトロからの夕日です。オホーツク海が氷に覆われる流氷。これは一度は見てほしい景色。この時期のこの場所でしか見ることができない感嘆の光景でした。(今年の写真ではありません!)45

下北半島 寒立馬《美しい日本の風景》

カテゴリ:
冬の東北は魅力いっぱいです。青森からさらに北西、下北半島。冬に訪ねるにはなかなかハードですが、そのさらに東の先端に尻屋崎があります。
そこには放し飼いされた"寒立馬"がいます。寒風の中、立ち尽くしている姿はなんともたくましく、美しい。27067889_1266423570123819_2365837504173670769_n

https://www.facebook.com/tabiyamaphoto/

十和田湖の白鳥《美しい日本の風景》

カテゴリ:
冬の八甲田山に行ったら、ぜひ日程に余裕をもって雪の奥入瀬渓谷、ブナ林の蔦沼、漆黒の十和田湖まで足を伸ばしたい!十和田湖では湖面が凍りつき、風や波で割れた氷。そして白鳥が見られました。美しく珍しい冬の光景でした。https://www.facebook.com/tabiyamaphoto/
26904206_1263891457043697_7525419104986583671_n

蔵王の樹氷《美しい日本の風景》

カテゴリ:
八甲田山にならび、より樹氷で有名な蔵王。八甲田山、蔵王、森吉山、吾妻連峰。手軽にロープウエイで樹氷をみられる山々。
写真は蔵王のロープウエイ。ここの樹氷はライトアップも有名で夜間もロープウエイを運行してくれているのがありがたい。日本が誇る自然景観ですね。https://www.facebook.com/tabiyamaphoto/
26907108_1262704253829084_8097801309008262508_n

八甲田山の樹氷《美しい日本の風景》

カテゴリ:
世界でも屈指の厳しい冬と積雪の日本列島。樹氷もスクスク育っていることでしょう。写真は「八甲田山の樹氷」今年のものではありません。
シーズン中に樹氷が育ち、樹々についた雪が落ちなければ、巨大な美しい樹氷になります。しかも晴天に出会えるのは難しい。巨大で美しい樹氷に出会えるのはラッキーなことです!
https://www.facebook.com/tabiyamaphoto/26734362_1261395890626587_7208096024938688056_n

https://www.facebook.com/tabiyamaphoto/

このページのトップヘ

見出し画像
×